西神戸医療センターだより

にしこうべ Topics6

現在、日本人の死因トップは「がん」ですが、なかでも肺がんは最多です。 自覚症状がほとんどないため早期発見が難しく、現在の発達した医療でも治癒が難しい疾患のひとつです。 肺がんのほかにも、喘息、肺炎、COPD、気胸など呼吸器系の疾患は多種多様ですが、西神戸医療センターでは内科・外科ともに呼吸器を専門とする科が独立しており、放射線科や救急とも連携しながら治療に取り組んでいます。 (お話は、呼吸器外科部長 青木稔医師、呼吸器内科部長 池田顕彦医師)

くわしく見る

新着情報