西神戸医療センターだより

にしこうべ Topics7

これまで西神戸医療センターでは、6つの手術室をフル稼働させて年間約5600件の手術を実施してまいりました。1部屋当たり約900件という数字は、一般的な総合病院や大学病院の平均値を大きく上回っており、神戸西地域の救急対応を担う中核病院として、手術室の増室は長年の課題でした。   開院20周年を迎えた今年、ようやく手術室の増室が叶い、6月2日より8部屋での運用がスタートしました。さらに、ロボット手術の「ダ・ヴィンチ」を導入するなど、設備面においてもあらゆる手術に対応できる環境が整ってきています。 (お話は、中央手術部長兼外科・消化器外科部長 京極高久、中央手術部看護師長 田中亜希子)

くわしく見る

新着情報