トピックス

西神戸医療センターだより

にしこうべ Topics13

白血病や悪性リンパ腫などに代表される血液疾患。若い頃に罹患されるケースもありますが、近年は高齢化とともに患者さんが増加しています。つまり、加齢とともに血液も“老化”したことが要因となり、血液疾患を引き起こすというわけです。

疾患によっては診断が確定する前に進行してしまうことも稀ではありませんし、これといった予防法もありません。いかにして早期発見、早期治療につなげていけるかが大切なのですが、血液専門の科を置く病院は限られており、西神戸医療センターはその一翼を担っています。
(お話は、免疫血液内科・新里偉咲部長、田中康博医長、橋本朗子副医長、田中淳医師)

くわしく見る

新着情報