トピックス

西神戸医療センターだより

にしこうべ Topics11

泌尿器科が担当する疾患は、尿路性器の悪性腫瘍や感染症、前立腺肥大症、尿路結石などが中心です。とくに前立腺がんの症例は増加傾向にあり、西神戸医療センターでは平成26年9月に導入した「ダ・ヴィンチ」を用いたロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘手術(平成24年4月より保険適用)にて約120例の実績があります。
また、総合病院の強みを生かした連携により、放射線治療や抗がん剤治療についても丁寧にご説明し、患者さんと共にQOL向上を考えながら、より安心・安全な医療を提供できるよう心がけています。手術までの待機日数が短いことも特徴です。
(お話は、泌尿器科・伊藤哲之部長、金丸聰淳医長、辻埜恭子主任看護師、伊吹伸介主任看護師)

くわしく見る